reg


tel




facebook
事務所Facebookへ


navi 
navi0

 

  皆様と共に、ベストパートナーを目指して

  レグルス社会保険労務士 社会福祉士事務所へようこそ

 東京の八王子にある、社会保険労務士・社会福祉士の事務所です。

 総合的な労務コンサルタント業務を通じて、社会保険労務士専業の業務である就業規則作成・改定、各種(労務関係、社会保険関係)届出、給与計算やマイナンバー管理業務、介護報酬・障害者サービス給付費請求代行を行います。また、年金裁定請求代行、介護相談、成年後見相談及び受任等行っています。

 また、医療労務コンサルタントとして、クリニックや調剤薬局等の医療機関の方々へ労働環境の改善に向けて各種コンサルタントを行っています。

 

●社長、人事ご担当様、お悩みありませんか?

             nayami1

 年々変わり行く雇用環境の中で、的確な雇用管理が、御社の企業経営を支える柱となります。人事は企業活動ではとても重要な要素の一つです。社会保険労務士は人事のスペシャリストです。人事コンサルタントとして総合的に御社のご支援を致します。
 月々の顧問契約の他にも単独のスポット契約等、御社のご都合に合わせて対応させて頂けます。

 

●マイナンバーの管理体制は十分ですか?
社員さんの労働保険や社会保険加入や各種届出に際して、企業様はその収集や保管、破棄に至るまでその管理責任が定められています。その業務に当たっては秘密漏えい等、リスクを伴い非常に大きな負担になっています。
当事務所では、管理体制の整備、導入等のコンサルタント業務の他に、委託契約により厳粛に管理も致します。

kanri


●ワークライフバランスについて考えてみませんか?
仕事と家庭との両立(ワークライフバランス)の実現は社員さんの能力を発揮でき、企業様におかれても業績向上、生産性の向上等、様々な恩恵をもたらします。社員さんのご家庭の事情(介護や育児等)で退職を余儀なくならないよう、介護休業等の制度導入や社員さんへの介護相談等、介護保険制度にも精通している当事務所スタッフがご支援致します。社会福祉士と社会保険労務士のダブルライセンスだからこそ出来るご支援です。

WLB

●休職明けの社員さんの復職制度は十分ですか?
様々な病気等により休職となってしまい、療養されておられた社員さんの復職は、その疾病などにより、時間短縮等、様々な勤務体制等を用いながら休職明けの社員さんにとっても安心して仕事が出来る体制を確保することが、会社にとっても人材損失を防ぎ、大きな利益となります。
当事務所では、これらの制度導入や整備等をご支援致します。

 

●医療機関の方、労働環境の改善でお悩みありませんか?
医療機関の管理者は医療従事者の勤務環境の改善に努めなけれなりません。これは医療法にも規定されていることから、その重要性は高いものとなっています。日勤のみならず、夜勤や、オンコール等といった他業種とは異なる特殊な労働環境の改善はとても複雑なものとなっています。いつまでも安心して働ける環境整備は、その職場で働く方々の意欲を高め医療の質向上へもつながります。
当事務所では、医療労務コンサルタントとしてその専門性を活かし、医療業界の労務管理の特殊性に対応したコンサルタント業務を行います。是非ご相談下さい。

ns


●訪問介護事業者の方、貴社のヘルパーさんの契約は大丈夫ですか?
訪問介護事業所では登録制ヘルパーが一般的ですが、この登録制が業務委託契約といった雇用形態をとっている事業所が比較的多くあります。しかし、実際は、通常の勤務の中で、事業所の指揮命令の下に業務が行われているケースがほとんどです。これは非常に問題で、委託契約といえども直接的な雇用関係の実態があるという以上は、契約の名称に係わらず雇用契約として取扱わなければなりません。また、委託契約という形態では直接の貴社の指揮命令系統におかれず、貴社の「従業員」ではないことになりますので、介護保険法上の基準自体にも影響してしまうことになります。

急なご利用者のキャンセル時の賃金や、従業員の自宅から利用者宅までの移動時間の取扱など、労務管理はとても複雑化しています。そのため、契約の形態の再確認や就業規則の変更等とても重要となります。

それらの解決にあたり、当事務所がご支援致します。どうぞお気軽にご相談下さい。

nayami2

 

 

 ●介護保険事業者、障害者関係事業者様 報酬請求の代行致します。

nayami-seikyu

 事業所様は、月々のご利用者様のご利用実績をお送り頂く程度で、当事務所にて算定し、国保連への請求を行います。
 毎月の請求業務を委託することで請求業務の負担が軽減でき、本来業務に専念することが可能となります。

 


●個人の方、そのご家族様、お悩みありませんか?

             nayami3

  日本の人口構造は今後より一層の高齢化をたどっていきます。また認知症等の精神的疾患の発症者も今後益々増加していくといわれています。その中で注目されている制度として、成年後見制度があります。認知症などの疾患により、正常な判断ができなくなってしまった方の代理人として、その方の尊厳を守り、ご本人に必要な財産管理をはじめ各種の契約行為等を行います。社会福祉士として長く相談員として携わってきた経験を活かし各種ご相談承ります。個人の方やそのご家族様もお気軽にご相談下さい。